「京都市東山区 六道珍皇寺」六道詣りと子育て幽霊飴

京都市東山区

この世とあの世を境はどこにあるんだろうな

現代は見えなくなっているけど、昔は確かにあった

今回は平安京の頃にその境界とされていた場所の話

当時、平安京で亡くなった人は化野、蓮台野、鳥辺野で送られる事になったそうだ

六道珍皇寺は鳥辺野との境にあたり、このあたりが六道の辻と呼ばれた

亡くなった人と別れる寂しい場所

六道参りはお盆に行われる行事で、遠いあの世に行ったお精霊さん(おしょらい)を、迎え鐘をついて呼ぶものだそうだ

その後、高野槙を持ち帰ると遠くから帰ってくると言われている

現代だって亡くなった人達と会える場所があっても良いよな

六道詣り

六道珍皇寺はお祭りのように人がたくさんいる

みんな会いたいヤツがいるんだろうな

参道を進むと正面に六道の辻が現れた

境内にはこの世とあの世を繋ぐ「黄泉がえりの井戸」があるらしい

迎え鐘を鳴らす人達の行列ができている

鐘をついているおばあちゃんも、黄泉の旅人と一緒に自宅に帰るんだろうな

旅人も懐かしの我が家を楽しみにしてるだろ

写真は撮っていないけれど(禁止だった)、閻魔堂には閻魔大王と小野篁の像が飾ってある

オレはこの小野篁がずっと気になっている

昼は朝廷に使え、夜は冥界で閻魔大王の補佐をしていたという逸材だ

ブラック企業も顔負けの労働環境だけど、やりがいはありそうだな

冥界にはここの井戸を使っていたらしい

六道詣りは毎年8月7日から10日に行われる 詳しくはホームページを参考にして欲しい

六道珍皇寺 ホームページ

精霊迎え 六道まいり|大椿山 六道珍皇寺 公式サイト
六道珍皇寺の公式サイトです。六道珍皇寺は「六道さん」の名で親しまれ、お盆の精霊迎えに参詣する寺として知られています。山号を大椿山と号し、臨済宗建仁寺派に属します。精霊迎え 六道まいりのご紹介です。

子育て幽霊飴

六道珍皇寺から歩いてすぐのところに「みなとや幽霊子育飴本舗」はある

子育て幽霊は怪談にもあるようで、その話が好きなんだ

概要はこうだ

昔、飴屋の主人のところに若い女が1文銭を持って「飴をください」とやってくる

その後も6日間、同じようにやってくるんだ

ただ、7日目には「もうお金がないから、羽織と引き換えに飴を売って欲しい」と言われたんだ

気の毒に思った主人は飴と交換してやった

その羽織を店先に干していると、通りがかったお大尽に「これは亡くなった娘の棺桶に入れたものだが、どうしたのか?」と尋ねられ、いきさつを話した

その娘を葬った墓地へ行くと、赤ん坊の鳴き声が聞こえたので掘り返してみる

すると、娘の亡骸は赤ん坊を抱いていて、赤ん坊は飴を食べて生きながらえていた

娘の手に持たせていた6文銭は手の中から無くなっていた

その後、その赤ん坊は六道珍皇寺の高僧となったという

とこんな感じだ

せっかくだから飴を買ってきた

この話を知っていると、味わいも変わってくるだろ

普段は夜まで営業していないから注意してくれよな

暦でも立秋を過ぎたからか、夕方以降は涼しい風が吹くようになってきた

もちろん、冥界に近い場所だから涼しさを感じたのはいうまでもないんだけど

じゃあまた次の京都語りで会おうな

みなとや幽霊子育飴本舗 ホームページ

子育飴ブログ – みなとや幽霊子育飴本舗

食べログ

みなとや 幽霊子育飴本舗

関連ランキング:和菓子 | 清水五条駅祇園四条駅京都河原町駅

コメント

タイトルとURLをコピーしました