「京都市上京区 京都御苑 8月10日」広大な敷地をゆっくり散策

丸太町駅

北緯35度1分31秒 東経135度45分44秒

ここは明治天皇が東京に移るまで皇居として利用されていた場所だ

敷地はかなり広大で65ヘクタール

全然ピンとこないよな

よくある例えだと東京ドーム14個分くらいだ

分かりにくいって?

東西700メートル、南北1300メートルだから、一周したら4キロにもなる

ここには5万本の樹木が育成して、自然豊かなところだ

なんと言っても松が多い

まずは南の堺町御門から突入する

今日は人の気配がほとんどしない

独り占めした気分

広大すぎるな

地の果てに誰かが見えてホッとした

これは多分、百日紅(サルスベリ)

間違っていたら、笑って許してくれ

百日の名の通り、長いあいだ楽しめる花なんだそう

蜂たちが花粉集めに勤しんでいたので、危ないから避難する

ここは松の木だらけだ

これは通称、猫眠りの松だ(勝手に名付けました)

うちの猫だったら、この横倒しになっている枝が絶対好きなはずだ

もちろん、松ぼっくりもたくさん落ちている

この日は雲が多い日だった

木の緑

空の青

雲の白

が美しい一日だった

この御苑の中でも、この木が一番古そうだ

ずっと彼方の昔から、ここを見守っているのかもな

植物の声が聴けるなら、歴史も解明される日が来るかもしれない

青もみじ

承明門から紫宸殿を望む

紫宸殿

名前がカッコいいな

紫は権力を持つものを表して

宸は帝王の住まい出そう

左近の桜と、右近の橘も備わっている

宝物がありそうな建物だな

もし宝が入っているなら分かり易すぎるな

泥棒に狙われてしまうだろう

過去の天皇もこの景色を眺めていたんだろうな

紹介したのはほんの一部だ

あまりにも広くて写真を撮りすぎてしまった

秋にはオレもまた来るけど、気になったヤツは自分の目で見に来て欲しい

ここに来てつくづく感じたのは京都市内の建物の高さ制限についてだ

他の寺社仏閣もそうだけど、こういった景色にビルが入ってしまったら台無しになるだろうな

こんな景色がずっと続いてくれるといいなと思った

じゃあまた次の京都語りで会おうな

京都御苑 ホームページ

京都御苑 | 一般財団法人国民公園協会
京都御苑へようこそ!最新情報や見どころの紹介、グルメ情報、アクセス、駐車場情報などを掲載しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました